上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■人気blogランキング に参加しています。

岐阜ランキング

造形の授業も、点・線・面と続き、今回は塊(=立体)の造形です。
塊の素材を削って、椅子を作るというテーマです。
塊の素材というのは、スタイロフォームという硬めの発泡材。住宅の断熱材などに使用されるものです。

091026-007_20091026153219.jpg  ⇒スタイロフォーム
このような塊を、仕上がりの形をイメージしながらカッターや、ペーパーやすりで、削っていきます。
学生には、モデルとなるデザイナーズチェアの写真と簡単な3面図を配布して、それをもとに全体像を仕上げていきます。スケールは約10分の1です。
ちなみにデザイナーズチェアの本物は、このブログのバナーに載せているものです。

最初の作品は、ジョージ・ネルソンの『Coconut Chair』です。
091026-005.jpg
091026-006.jpg
脚はワイヤーで制作しましたが、座面のカーブや肘掛の湾曲したところが、とても精密に表現できました。後姿がとても美しいです。

次は、ジャスパー・モリソンの『3 Sofa Deluxe』です。
091026-003.jpg
091026-004.jpg
このソファの特徴は、座面と背もたれの間の溝です。深い溝が入ることで、より立体的なシルエットが浮かんできます。そのデザイナーの意図を理解して溝をしっかりと刻んだことが、リアルな仕上がりになりました。ちなみにこのペイントの模様は学生のオリジナルです。

最後に、バーナー・パントンの『Cone Chair』です。
その名の通り、円錐を逆さにしたシルエットを持つ繊細なラインが特徴のチェアです。
091026-001.jpg
091026-002.jpg
細部まで、ていねいに仕上げて完成度の高い作品になりました。

デザインをするときに、紙の上でスケッチしたり、図面を描いたりします。しかし、平面上だけで考えると、立体になったときの全体の形や上下左右のつながりがイメージできなくなるのが心配です。
今回の塊の素材は、360度どこから見ても、完成された形でなければなりません。
平面だけでは表せないことを表現します。
難しいことが多かったようですが、学生たちにはインテリアに携わる以上、立体的なものの考え方を身につけて欲しいと思います。

■人気blogランキング に参加しています。

岐阜ランキング

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。