上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■人気blogランキング に参加しています。

岐阜ランキング



モード学園のインテリア基礎コースでは、クッションも制作します。
もちろん、ミシンを使います。ファッションデザイン学科もありますから、当然ミシン、アイロンなどの設備もばっちりです。


ソーイングルームは、こんな感じです。職業用のミシンの他、ロックミシンや、工業用ミシンなど、いろいろ使えます。インテリア学科でも、作品の内容によって使わせてもらっています。

今回のテーマは、布を中心とした素材を使ってインテリアコーディネートに取り入れる、ということです。
ファブリックス(布素材)は、ハードな素材の多いインテリアの中に、ソフトでフレキシブルに取り入れることができる素材です。これを利用することで、容易にインテリアイメージを変えることができるわけです。
学生たちは最初、ミシンを使うことについて「何故?」と懐疑的な反応でしたが、実際制作してみると様々なこだわりや、工夫が見られ、大変楽しく、また有意義に制作することができました。

上の作品は、皮革とラビットのファーを使って制作しました。パッチワークの素材感がおもしろい作品になりました。

次の作品もパッチワークですが、曲線的な構図になっています。



もうひとつ、「犬の手」をモチーフにしたかわいらしい作品です。(作者は男子学生です。)

これ、意外と肉球を表現するのが難しかったんです。

初めてミシンを使いましたが、なかなか上手でしょ?
今後は、布や皮革といったファブリックスも範疇に入れた作品制作ができるようになると思います。
楽しみです。

■人気blogランキング に参加しています。

岐阜ランキング

  
コメント
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。