上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■人気blogランキング に参加しています。

岐阜ランキング

ノンバーバルコミュニケーションをテーマに、作品を制作しました。
詩というバーバル(言語的)な素材から、作者の伝えたいことを読み取ります。
そして、イラストなどのビジュアルを使い、ノンバーバル(非言語的)で表現するというものです。

ビジュアルで表現する際には、必ず手を入れることが規定です。
手はノンバーバルコミュニケーションの中で、身振り手振りという役割を担います。
手の表情で、伝えたいメッセージを発信するというテーマです。



詩をテーマにするということで、2つの歌詞の中から選ぶことにしました。
ひとつは、ジョン・レノンの『イマジン IMAGINE』です。

上の作品は、このイマジンをテーマにしたものです。
平和を願うメッセージが伝わるでしょうか?

 同じイマジンでも、少しタイプの違う作品です。
平和を願うのは同じですが、混沌とした世界から平和の芽が伸びていく様子を表現しています。

学生のタイプによって、同じテーマでいろいろな作品ができるので、とても興味深いです。
性格やメンタルな部分が表れてきます。
もうひとつ別の歌詞もあるので、次回ご紹介します。

■人気blogランキング に参加しています。

岐阜ランキング



『イマジン IMAGINE』

想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界は1つになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっと1つになるんだ        (訳詞 大場 章弘)



これは、9・11同時多発テロによる犠牲者追悼番組でニール・ヤングが歌った映像です。
当時、テロによりアメリカ全体が愛国精神に満ち、正義の実現という名の下にアフガニスタンへの報復戦争へと向かっていました。その戦争ムードの中、イマジンは放送自粛曲とされていました。
そういう空気の中で、あえてこの曲を演奏したニール・ヤングは、ジョン・レノンの意思を受け継ぎ、この曲の本当のメッセージを伝えていたのだと思います。
  
コメント
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。